カフェオレがしみて、歯医者へ駆け込む

有名歯科医師のランチタイム

ある日の仕事終わり、いつも通り大好きなカフェオレを飲んだときのことです。
一口飲んだら奥歯がキーーンとしたのです。
「これは、もしや、虫歯・・・?」と、久しく歯医者には行っていなかったのですが、
すぐに行くことを決めました。
ところが虫歯を疑ったのは水曜日で週のど真ん中。
平日は仕事なので、18:30までは歯医者に行くことができません。
翌日の朝の通勤時間とお昼の休憩中に、会社近くの歯医者で当日予約が可能なところを探しました。

やっと出会えた予約の取れない歯科医院

やっと見つけてインターネットで即予約し、仕事後に行くことが決まりました。
超特急で仕事を終え、歯医者へ駆け込みます。
先生に見ていただいて、虫歯が3か所あることが発覚しました。
2か所は麻酔がないと治療できないため、後日もう一度歯医者に来院することは決まります。
応急処置はしていただけたので、帰宅してカフェオレを飲んでもしみることはなくなりました。
しかし、私の口が小さかったのか、歯医者の先生がぐいぐい引っ張った後遺症で
口の端が切れてしまっていました。
虫歯が痛くなくなった代償は、口の端を切ったことでした。